東北の自然と調和しながら、その価値を引き出す持続可能な事業を作りたい

本多智訓(MARUMORI-SAUNA株式会社)
フォローする
※ フォローすると最新情報が通知されます。具体的な支援をしたい人は、こちら
課題特定
調査
制度化
NEXT ACTION
安全性が担保された形で、サウナ小屋を河川の近くに建設するスキームを整理する

ゴール

自然との調和と、経済的持続性を両立するフィンランド式サウナ事業を東北に広げていくための制度面の環境整備を行いたい

課題意識

  • 河川の近くにサウナ小屋を建築する際に、どのような点に配慮すべきなのが明らかになっていない
  • 貸切のサウナ小屋であるのに、公衆浴場法により、洗面所やトイレが男女ごとに必要となってしまう
  • テントサウナを用いたイベントをする時に、テントサウナを想定していない公衆浴場法の防火基準が枷となり、事業での利用ができない

関連する制度

  • 河川法
  • 公衆浴場法

NEXT ACTION

  • 安全性が担保された形で、サウナ小屋を河川の近くに建設するスキームを整理する
  • 公衆浴場法の論点整理を実施する
  • テントサウナを用いた他事例の取り組みの調査

お願いしたい支援

  • テントサウナを使った他事例の取り組み例をシェアしてくださるご連絡ください
  • 公衆浴場法詳しい方ご連絡ください